面接なしのアルバイト特集 すぐに働けます!

1日だけの短期バイトは、土日や休日、大型連休などの期間に募集が増えます。
「面接がない・・??」どんな仕事か心配ですよね。でも安心して下さい。
こんな仕事があるんです。

 

●引っ越し業者 転勤や就職、大学(一人暮らし)
●イベントスタッフ コンサート・お祭り、スポーツ行事など
●軽作業 倉庫内で梱包や仕分け・ピッキング作業
●エキストラ テレビ番組の通行人など
●清掃業者 店舗の清掃 ビルメンテナンス
●交通量調査 車や人の流れをカウントします

 

1日だけの短期アルバイトなんて、そんなに簡単に探せないと思われがちですが、しっかり見つかるんですね。
ネット上の求人サイトを探せば、下記のように瞬時に求人募集を探せます。
たとえば、AKBや上戸彩のCMで人気の「バイトル」の募集では・・・・

このようにすぐに検索できるんです。

人気の求人サイト

人気の求人情報サイトですが、それぞれ特徴があります。
人気順ではないので、希望にピッタリのサイトを選んで下さい。

 

 

バイトル

 

★バイトルは、アルバイト求人サイトユーザー調査で、ユーザーの総合満足度No.1に選ばれた人気サイトです。AKB48を始め、上戸彩や乃木坂48など豪華芸能人がCMで紹介しています。
さらに更新頻度が高く、最新の求人情報が検索結果に反映されています。

 

 

マッハバイト

 

★マッハバイト独自のサービスに、アルバイトに採用されると最大1万円がもらえる嬉しいシステムがあります。最低5000円を保証で10時までに申請が完了すると最短翌日に振込んでもらえます。手続きも簡単。マッハバイトからアルバイトに応募して、採用が決まり初めて勤務する日が決まったら「マッハボーナス」を申請するだけ!本当に助かりますよね。

 

 

ショットワークス

 


★短期バイト・単発アルバイト・短期派遣の求人など、短期間で働くバイトに特化した求人サイトです。検索手段も豊富で瞬時に希望のバイトが探せます。

私のアルバイト体験談

高校時代に飲食店でアルバイトをしたいと思い、いくつかに応募しましたがなかなか採用してもらえず、結局ファーストフード店で働くことになりました。

 

学校の人に知られたくないということもあり、ファーストフードは嫌だなと思っていましたが、実際に働き始めるとイメージしていたよりもはるかに楽しくてびっくりしました。

 

ハンバーガーがメインのお店ということもあり日本人だけじゃなくて海外からの観光客も多くて言葉が通じないなというジレンマはありましたが、言葉が通じなくても身振りや手振りでコミュニケーションが取れるんだなということを学ぶことができました。

 

笑顔で話すと相手も笑顔を見せてくれるし、こっちが無表情だと無表情な感じなので、やっぱり接客業は笑顔が大切なんだろうなと改めて学ぶことができて良かったです。その事がきっかけとなり、正社員として飲食店で働くことになったのでアルバイトをすることは将来にもつながるんだろうなと思いました。

アルバイトの面接(準備するべき事とマナー)

アルバイトを始める方々が増えてきました。今では多くの企業、そして店舗でアルバイトが募集されています。飲食業やオフィスでは人手不足が起きています。スタッフの不足に悩む職場も多く、好待遇でスタッフの新規募集を始めています。

 

以前のアルバイトだと賃金が良くなかったり、待遇が今一つだったりと魅力に欠ける部分がありました。しかし最近では労働者側にうれしい条件のアルバイトが増加して来ました。本人の努力次第で正社員並に稼げます。

 

また正社員とは違い、良い意味で気楽に働けます。責任や勤務時間が正社員よりも軽くて短いのがメリットです。自分の好きな曜日や時間帯だけ勤務出来ますので、学生や主婦が言わば副業として始めてみるのもおすすめです。

 

アルバイトを始めるためには、面接に合格しなければなりません。学校の入試の時、面接試験を受けた経験がある方々もいらっしゃるでしょう。面接に向かう心構えはその時と同じです。

 

身なりを整える準備が大事です。金髪やピアスなどの派手なファッションでは面接の時、注意されてしまったり即座に不合格になってしまいます。黒髪で清潔感が漂う身なりが基本となります。

 

また装飾品は極力ない方が面接時の印象が良くなります。女性の方であればナチュラルなメイクを意識しましょう。

 

会話のマナーにも少し気を配りたいところです。ため口は厳禁です。面接官はその店舗や企業の管理職の方々であり、友達のようなフランクな口調で受け答えをすれば、即座に不合格になってしまいます。

 

敬語と正しい日本語で受け答えするのがマナーの基本です。慇懃無礼になってはいけませんが、極力丁寧な言葉遣いでコミュニケーションを交わしましょう。面接官によっては、カジュアルに受け答えしてもよい、と面接の最中に促すことがあります。

 

しかし、そのサインが出るまでは基本的に真面目な口調と真摯な態度を崩さないようにしましょう。冗談や軽口、若者言葉は基本的にNGです。

アルバイトと税金(所得税・住民税)

税金という側面からすると、アルバイトは給与所得に分類できます。これは金額の多寡に関係ありません。一定の金額を過ぎると、所得税や住民税が課税されます。
給与収入が65万円を過ぎると、給与所得が発生します。65万円は、給与所得控除という給与の必要経費にみなされる最低限の金額です。つまり、65万円以下であれば給与所得は無いものと計算されます。

 

さらに収入が一か所であれば、税額を計算するとき38万円の基礎控除があります。これによって103万円以下であれば所得税は課税されません。同様に、住民税では基礎控除が33万円ですから、98万円以下の給与であれば住民税は課税されません。

 

しかし、サラリーマンが副業としてアルバイトした場合は、こうした計算はできません。サラリーマンとしての給与収入は、一般的には月々所得税や住民税が天引きされて、所得税は年末調整で精算されています。そこにアルバイト収入があるのですから、複数の勤務先から給与をもらっていることになります。

 

アルバイトの収入金額にもよりますが、原則として複数の給与を合算して税金を計算しなおす必要があります。
これは、2月16日から3月15日までの所得税の確定申告や住民税の申告で手続きする必要がありますので注意しましょう。
詳しくは税務署や税理士に相談するとよいでしょう。

給与の支払いに注意!日払い・即日払い・週払いの違い

アルバイト求人情報に掲載されている、日払いや即日払い、週払いなどが御座いますが、はっきりと内容まで知っている方は少ないのではないでしょうか。

 

日払いは、働いた一日分のお給料を、次来た時に支払うことが多いです。その会社にもよりますが、当日に貰えない場合もありますので注意が必要です。

 

即日払いは、当日に貰える確率が高く、仕事が終了した時点でお給料を貰うことが出来ますので、魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

週払いとは、一週間に出勤した分のお給料をまとめて貰うことが出来ることで、週末か次の週の頭にお給料を貰うことが出来ます。

 

いつ貰うことが出来るのか、事前に確認しておくことも必要となります。
これからアルバイトをする方は、支払方法を確認してからアルバイト先を決めてみてはいかがでしょうか。